« ブライアン・フェイガン「古代文明と気候大変動 人類の運命を変えた二万年史」河出書房新社 東郷えりか訳 | トップページ | ダン・アッカーマン「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」白揚社 小林啓倫訳 »

2018年7月 6日 (金)

クリストファー・プリースト「隣接界」新☆ハヤカワSFシリーズ 古沢嘉通・幹瑤子訳

「正三角形だった。頂点は直線で構成されており、少しのずれもなかった」
  ――第一部 グレート・ブリテン・イスラム共和国

「想像力が死ぬとき、希望も死ぬのだ」
  ――第二部 獣たちの道

「ドイツ軍もいない、敵もいない、ただ自由な空気と空があるだけ」
  ――第五部 ティルビー・ムーア

ブラチョウスは宗教を持たない島である。宗教的発言は大目に見てもらえるが、奨励されているわけではない。
  ――第七部 プラチョウス

カメラマンの仕事は、けっして自分がしたことではなく、自分が見たものにまつわる。
  ――第八部 飛行場

【どんな本?】

 イギリスのベテランSF/ファンタジイ作家クリストファー・プリーストによる、最新長編小説。

 近未来。ティボー・タラントは、カメラマンだ。看護師である妻のメラニーと共に、内戦下のトルコで働いた。だが戦闘に巻き込まれメラニーを喪い、失意を抱えて国に帰ってきた。母国イギリスは大規模なハリケーンに痛めつけられ、またテロも頻発し、緊張感に包まれている。軍用の人員輸送車で当局に連れまわされるタラントは…

 舞台は変わり、時は第一次世界大戦。ベテラン奇術師のトムは、王室海軍航空隊に徴用され、フランスへ向かう。既に兵として役に立つ歳でもなく、軍の意図をいぶかしむトムだが、任務の内容は現地に着くまで教えてもらえない。英仏海峡を渡る船の中で、トムはバートと名乗る同年配の男と知り合い…

 近未来のイスラム化したイギリス、第一次世界大戦の膠着した塹壕戦、第二次世界大戦の空軍基地、そして夢幻諸島と、幾つもの舞台を渡り歩く、幻想的な長編小説。

 SFマガジン編集部編「SFが読みたい!2018年版」のベストSF2017海外篇で堂々のトップに輝いた。

【いつ出たの?分量は?読みやすい?】

 原書は The Adjacent, by Christopher Priest, 2013。日本語版は2017年10月25日発行。新書版で縦二段組み、本文約558頁に加え、古沢嘉通による訳者あとがき3頁。9ポイント24字×17行×2段×558頁=約455,328枚、400字詰め原稿用紙で約1,139枚。文庫本なら上下巻ぐらいの分量。

 文章はこなれている。内容も、SFガジェットは少ないし、特に科学的に難しい理屈も出てこない。ただし、わかりやすいかと言うと…

【感想は?】

 うーむ、わからん。

 たぶん、この作品を楽しむのに必要なのは、理科ではなく国語の素養だ。でもって、私にはソレが徹底して欠けている。

 いや、お話のスジはわかるのだ。というか、この作品の中には、幾つかの(半ば独立した)小説が入っている。その「半ば独立した小説」のスジは、だいたいわかるし、それぞれ楽しめる。また、作品内小説は少しづつ関係していて云々、というのも見当がつく。

 タイトルが「隣接界」だし、奇術師がそのタネを説明するあたりでは、「何かヒッカケてるんだろうなあ」とは思う。が、何をどうヒッカケてるのかまでは、読み解けなかった。

 比較的にSFっぽいガジェットとしては、まずタラントが乗る人員運搬車メブシャーだろう。

 いわゆる装甲車で、無限軌道ではなくゴツい車輪を履いてるやつ(→Wikipedia)。これだけなら今でもあるが、エンジンがガスタービンって所がSF。とにかく甲高いエンジン音がうるさいのが特徴の一つで、タラントも散々に悩まされている様子。

 タラントが使うカメラも、なかなか便利で、撮ってすぐネットにアップできる優れもの。メーカーがアレなのは、ちょっと嬉しかったり。

 タラントのいる近未来のイギリスは、たびたびハリケーンに襲われている様子。たまたま、これを読んでいる時は、日本の各地に大雨注意報が出ていて、テレビも各地の河川が暴れる模様をしょっちゅう映していた。そういう点では、異常気象の恐ろしさが肌で感じられて、タイミングは良かったなあ。

 挨拶が「インシャラー」や「平安あれ」だったり、兵の名前がイブラヒムだったりするあたりは、イギリスがイスラム化している雰囲気を出している。タラントがどこに出入りするにも、いちいち権限の有無を尋ねられる場面では、小うるさい役人根性というか、異様な秘密主義の匂いが強く漂う。

 第二部の奇術師トムのパートでは、SFファン大喜びのゲストが登場して、闊達な魅力を振りまいてくれる。イギリス軍ってのは、ときおりフリーダムな発想を見せる所で、第二次世界大戦でドイツ軍のエニグマ暗号を解読する際にも、クロスワード・パズルのマニアとか色々と奇想天外な人を使ってたり。

 奇術師が戦争で何の役に…ってのは、この辺(ちょいネタバレ)を読んでると、少し見当がつく。軍ヲタとしては、ドイツ軍の秘密兵器(→Wikipedia)がチラリと出てくるのが嬉しかった。

 それ以上に軍ヲタが喜ぶのが、「第五部 ティルビー・ムーア」。主人公は英国空軍の整備兵。彼が面倒を見ているのは、重爆撃機ランカスター(→Wikipedia)で、ドイツへの戦略爆撃に従事している。ランカスターの活躍を描いたレンデントンの小説「爆撃機」を思い出しながら読んだ。

 が、ここで最も美味しい所をさらっていくメカは、やっぱりアレ(→Wikipedia)なのは仕方がないか。イギリス人なら、どうしたって贔屓するよね。ただし、少しヒネってある所がマニアック。

 また、主人公の相方の運命も、軍ヲタを唸らせる仕掛けなのが憎い。あの国であの立場だと、やっぱりあの事件(ちょいネタバレ、→Wikipedia)に巻き込まれ…。終戦間際にも壮絶な事件(ちょいネタバレ、→Wikipedia)があり、戦後もアレだし、なにかと厳しい歴史を背負った国なんだよなあ。

 などと、SFというより軍ヲタとして、散りばめられた小ネタが楽しい作品だったけど、こういう読み方する人は少ないと思う。リアルで凄惨なネタに気を取られてしまったためか、幻想世界との頭の切り替えがうまくいかなかったし。

【関連記事】

|

« ブライアン・フェイガン「古代文明と気候大変動 人類の運命を変えた二万年史」河出書房新社 東郷えりか訳 | トップページ | ダン・アッカーマン「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」白揚社 小林啓倫訳 »

書評:SF:海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/66900942

この記事へのトラックバック一覧です: クリストファー・プリースト「隣接界」新☆ハヤカワSFシリーズ 古沢嘉通・幹瑤子訳:

« ブライアン・フェイガン「古代文明と気候大変動 人類の運命を変えた二万年史」河出書房新社 東郷えりか訳 | トップページ | ダン・アッカーマン「テトリス・エフェクト 世界を惑わせたゲーム」白揚社 小林啓倫訳 »