« ジョン・スコルジー「老人と宇宙6 終わりなき戦火」ハヤカワ文庫SF 内田昌之訳 | トップページ | 松原始「カラスの補習授業」雷鳥社 »

2017年5月14日 (日)

松原始「カラスの教科書」雷鳥社

ねぐらはだいたい、夜間人通りの絶えるような森だ(時に市街地の、それも電線で寝ていることもあるが、今のところ例外的)。神社や大きな公園が多い。
  ――カラスの一生

実は、都会のハシブトガラスの食生活はゴミ、そして貯食に頼り切っていると言っても良いくらいだ。
  ――カラス的グルメ

路上にゴミを出すというのは、カラスに餌を与えているに等しいわけだ。
  ――それはゴミではありません

カラスが人間に敵対的な態度を取るのは雛を守る時だけである
  ――頭を蹴られないために

【どんな本?】

 黒くて図体はデカい上に態度は威圧的で図々しく、朝夕にはギャアギャアとうるさく鳴きわめき、物干し竿からハンガーをかっぱらい、ゴミ集積所にたむろしてはビニール袋をまき散らす、都会の嫌われ者カラス。

 奴らは何者なのか。野生動物のくせに、なんだってコンクリート・ジャングルに居座っているのか。何を食ってどこで寝て、どうやってナンパするのか。幼児が襲われて怪我をすることはないのか。賢いと言われるが、本当なのか。

 カラスに憑かれた動物行動学者が、カラス(と動物学者)の生態を愛情とユーモアたっぷりに語る、一般向け科学解説書。

【いつ出たの?分量は?読みやすい?】

 2013年1月20日第1刷発行。私が読んだのは2013年1月29日発行の第2刷。売れたんだなあ。単行本ソフトカバー縦一段組みで本文約390頁。9.5ポイント39字×14行×390頁=約212,940字、400字詰め原稿用紙で約533枚。文庫本なら標準的な分量だが、愉快なイラストが沢山載っているので、文字数は7~8割ぐらいだろう。なお、今は講談社文庫から文庫版が出ている。

 文章はとても読みやすい。内容も、特に前提知識は要らず、とってもわかりやすい。ただし、今の季節に読むと、キョロキョロと上を見あげながら歩くクセがつくので、怪しい人と思われるかもしれない。

 また、ふんだんに収録した植木ななせのユーモラスなイラストも、この本の欠かせない魅力。ちゃんと表紙に名前を載せてもいいと思う。

【構成は?】

 一応、前から順番に読む構成になっているが、美味しそうな所をつまみ食いしてもいい。

  • 序 明日のために今日も食う
  • この本に登場するカラスたち
  • 第一章 カラスの基礎知識
    • カラスという鳥はいません
      いや、いるんですけどね
    • カラスの一生
      昔は仲間とつるんでブイブイいわせたもんですが
    • カラス君の家庭の事情
      神田川とニートとちゃぶ台返し
    • カラス的グルメ
      私、マヨラーです
  • 〔カラスのつぶやき1 カラスに負けた〕
  • 第二章 カラスと餌と博物学
    • カラスの採餌行動
      餌を手に入れる方法あれこれ
    • カラスのくちばし
      その行動と進化
    • 山のカラスたち
      「野生の」ハシブトガラスの暮らしぶり
    • カラスの遊びと知能
      難しいので、ちょっとだけ
    • 太陽と狼とカラス
      神の使いか、魔女の眷属か
  • 〔カラスのつぶやき2 旅鴉のカラス旅〕
  • 第三章 カラスの取り扱い説明書
    • それはゴミではありません
      ビニール袋+肉=?
    • カラス避けの効果
      採餌効率と環境収容力
    • 頭を蹴られないために
      初級カラス語会話
  • 〔カラスのつぶやき2 旅鴉のカラス旅〕
  • 第四章 カラスのQ&A
    • よくある質問
      カラスの祖先ってどんな鳥ですか?
    • カラスの絵本図書館 その1
    • 哲学的な質問
      カラスに死の概念はあるの?
    • カラスの絵本図書館 その2
    • マニアックな質問
      カラスって食えるんですか?
  • 結 何はなくても喰ってゆけます
  • 主要参考文献
  • おまけ あなたのカラス度診断

【感想は?】

 確かに迷惑なヤツなのだ、カラスは。でも、これを読むと、ちっとは可愛がってやろうかな、なんて気になるから危ない。

 鳴き声がうるさいのはともかく、ゴミ袋をつついて中身をまき散らすのは困る。鳥はなんでもそうだが、糞も問題だ。汚いってだけじゃなく、金属を腐食させるんで、橋を劣化させたりする。

 日本の都市部で多く見るのはハシブトガラス(→Wikipedia)。奇妙な事に、日本以外ではあまり見ない上に、なんと元は森林性だとか。ビルなどで高低差ができたのが良かったんだろうか。にしても、よく適応したものだ。

 次に多いのがハシボソガラス(→Wikipedia)で、これは畑や河川敷などの開けた地形に多く、ユーラシア全般に広がっている。ハシブトは体重600~800g、ハシボソは400~600g。都会のカラスはデカいのだ。「最近のカラスは大きいなあ」と思ったら、都市化が進んだ証拠かもしれない。

 いずれにせよ、体重はヒトの方が百倍近く多い。バトルは体重が多い方が有利だ。百倍ともなれば決定的な差である。三毛別羆事件(→Wikipedia)の羆だって、体重は350kgとヒトの十倍はいかない。それでも、素手で熊に立ち向かうのはウィリー・ウィリアムスぐらいだ。

 つまり、カラスがヒトに向かってくるとしたら、よほど追い詰められ、「どうせ死ぬなら」ぐらいに思い詰めた時だけらしい。具体的には、「雛を守る時」だというから泣かせるじゃないか。頑張れ父ちゃん。季節的には五月から六月。ちょうど、この記事を書いてる季節だ。

 雛は巣で育てる。巣の近くに人がいて、しかも巣の方をジロジロ見ていると、「コイツはヤバい」と思い追い払おうとするらしい。最初は鳴いて警告し、次第にうるさい声で脅し始め、それでもどかないと特攻を仕掛ける、そういうパターンだとか。

 しかも決して正面からは仕掛けず、後ろから頭をカスめるように飛んでくる。この時、カラスの足が人の髪にひっかかる事があり、これが人から見たら「カラスに襲われた」って形で伝えられてしまう。

 もっとも、ゴミ漁り中のカラスはけっこう図々しかったりする。なまじ図体がデカいから人もビビって避けて通るんだが、これが繰り返されるとカラスも学習して、人をナメてかかるようになる。ということで、カラスに襲われたくなければ、脅して追い払うのも一つの手。

 贅沢な事に、カラスは巣とねぐらが別だ。巣は育児用、ねぐらは就寝用。巣立った雛は暫くねぐらで過ごし、ここで彼氏・彼女を見つけるとか。巣を作る前にカノジョをゲットするのだ。寿命もけっこう長く、巧くすれば30年~20年ぐらい生きるとか。

 などと書くと、かなり分かっているようだが、意外と分かってない事も多い。「カラスは行動圏広すぎて見えねえ、捕獲できねえ、標識できねえ、年齢わからねえ、巣が高すぎて覗けねえ」と、研究しづらいのだ。珍しくないのが仇になり、かえって誰も研究しようとしなかったり。この辺はスズメと似てるかも。

 加えて、本来は森林性といわれるハシブトガラスを観察しようと、屋久島に出かけてみたら、いるにはいたが…

屋久島の森林では、カラスが30秒で飛ぶ距離を歩いて突破するのに30分かかる事も珍しくない。
  ――山のカラスたち

 と、追いかけるのも一苦労。と同時に、生存競争で空を飛べることの利点もつくづく感じたり。

 やはりよく分からないのが、八重山での観察。黒島・波照間島のカラスは大きく、西表島のカラスは小さい。一般に生物は小さい島で小さくなるんだが、Wikipedia によると西表島は289.61km²、波照間島は12.73km²、黒島は10.02km²。広い島の方が小さいとは謎だ。

 都市部に話を戻すと、ハシブトガラスが食ってるのは、主に私たちヒトが出すゴミ。面白い事に、酔っぱらいが吐いたゲロも喜んで食い、綺麗に片づけてくれる。いずれにせよ、連中はヒトの出すゴミに頼ってるんで、出したゴミ袋にはキチンとネットを被せるのが、カラス対策には最もいい。

 とかの真面目な話も多いが、ユーモラスな語り口や、肩の力が抜けた植木ななせのイラストが、親しみやすさをグッと増してる。憎たらしいカラスが、ちょっとだけ可愛くなる本だ。でも餌はやっちゃダメよ。

【関連記事】

|

« ジョン・スコルジー「老人と宇宙6 終わりなき戦火」ハヤカワ文庫SF 内田昌之訳 | トップページ | 松原始「カラスの補習授業」雷鳥社 »

書評:科学/技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/65274894

この記事へのトラックバック一覧です: 松原始「カラスの教科書」雷鳥社:

« ジョン・スコルジー「老人と宇宙6 終わりなき戦火」ハヤカワ文庫SF 内田昌之訳 | トップページ | 松原始「カラスの補習授業」雷鳥社 »