« 京極夏彦「豆腐小僧双六道中 おやすみ」角川文庫 | トップページ | トレヴァー・コックス「世界の不思議な音 奇妙な音の謎を科学で解き明かす」白揚社 田沢恭子訳 »

2017年2月 8日 (水)

あたしのチクビは五千円

 半月ほど前、年に一度の定期健康診断があってね、今日、その結果を聞きに行ったの。そしたらね、胸のレントゲン写真に、丸くて小さいモヤッとしたのが写ってたの。

 先生、「とりあえずCT撮っときましょうか」って言うんで、言われるままCTスキャンして貰ったの。

 凄いのね、最近のCTって。

ベッドに寝っ転がって、ベッドごと白い機械のトンネルの中に入っていくんだけど。トンネルの枠の所に、液晶モニタがあるのね。そこに「息を止めて」とか「あと3秒です」とかのメッセージが出るのね。とっても親切。

 おまけに、結果もすぐに出るのね。先生がいる診察室と、CTスキャンの部屋は離れてるんだけど、スキャン撮ったその日のうちに、先生のパソコンにあたしの胸を輪切りにした画像が入ってるの。

 スキャンを終えて先生の診察を受けるまで、あたしが待ってたのは15分ぐらいだったかな? 先生、その間に他の患者さんの診察もしてたみたいだから、コンピュータが画像を処理するのにかかる時間は、もっと短いんと思う。

 それだけじゃないの。CTって、体を輪切りにして調べるでしょ。あたしが取ったのは胸なんだけど、最初の画像は首のあたり、最後の画像はお腹のあたりを輪切りにした画像って感じで、沢山の画像を撮って、それが先生の診察室にあるパソコンで見れるのね。

 で、先生、パソコンのマウス・ホイールをグリグリ動かすと、あたしの輪切り画像が、首の方からお腹の方まで、トンネルの中を走る動画みたいな感じで、滑らかに切り替わっていくのね。モノクロとはいえ、その画像処理能力には驚いたわ。

 もっとも、肺癌かもしんないって時に、そんな事を考えてるあたしもアレだけど。

 で、そのCTの結果。

センセ「ニップルですね」
あたし「ニップル?」
センセ「チクビです」

 レントゲン写真に写ってた「丸くて小さいモヤッとしたの」の正体は、あたしのチクビだったってわけ。安心したような、笑っちゃうような。一気に力が抜けちゃった。

 それはいいいんだけど、最後のお会計で。

お姉さん「¥5,250円です」

 げげッ。CD2枚買える値段じゃない。チクビのせいで五千円消えちゃった。あたしのチクビにそんな価値あるのかしら。

-----------------

 すんません。自分でも女言葉は気色悪いんで、今後は慎みます。 

|

« 京極夏彦「豆腐小僧双六道中 おやすみ」角川文庫 | トップページ | トレヴァー・コックス「世界の不思議な音 奇妙な音の謎を科学で解き明かす」白揚社 田沢恭子訳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/64868552

この記事へのトラックバック一覧です: あたしのチクビは五千円:

« 京極夏彦「豆腐小僧双六道中 おやすみ」角川文庫 | トップページ | トレヴァー・コックス「世界の不思議な音 奇妙な音の謎を科学で解き明かす」白揚社 田沢恭子訳 »