« サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ「スターリン 赤い皇帝と廷臣たち 上・下」白水社 染谷徹訳 2 | トップページ | 森青花「さよなら」角川書店 »

2015年5月27日 (水)

飛行船が出てくる小説

 少し前にトバイアス・S・バッケルの「クリスタル・レイン」を読んだ。これに惹かれた理由は、表紙に飛行船が描かれていたからだ。どうも私は飛行船に弱いらしい。というか、SFでは妙に飛行船が登場する作品が多い。ということで、飛行船が出てくる小説を紹介しよう。

三島浩司「ダイナミックフィギュア」ハヤカワSFシリーズJコレクション
 お話は、地球に侵略してきたエイリアンを、二足歩行の巨大戦闘ロボットのダイナミックフィギュアと自衛隊が迎え撃つ、というもの。当然、主役メカはダイナミックフィギュアなのだが、前線の司令室が飛行船なのだ。「戦場に飛行船なんて無謀だろ」と思うだろうが、そこはそれ。練りこんだ設定でちゃんと説得力を持たせてます。
トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」ハヤカワ文庫SF 金子浩訳
 遠未来。人類は他の恒星系に進出したのはいいが、恒星間の航行技術を失い、孤立してしまった惑星ナナガダが舞台。文明が19世紀レベルに退行した世界で、アステカを思わせる勢力と、カリビアンな勢力との戦争を背景に展開する、冒険SF小説。
 この作品には小型から大型まで様々な型の飛行船が出てくる。細かい設定は不明だが、恐らく全部が硬式飛行船なのが独特。小型の硬式飛行船は動力も貧弱で、飛行船と言うより気球に近い雰囲気。それでも戦闘場面では偵察・通信・輸送・爆撃と、様々な任務をこなしてたり。「高射砲は?」とか野暮言っちゃいけません。
ロラン・ジュヌフォール「オマル 導きの惑星」新☆ハヤカワSFシリーズ 平岡敦訳
 遠未来。膨大な地表を持つ奇妙な世界オマルには、ヒト族・ホドキン族・シレ族の三種の知的生物が住み、互いの覇権をかけて争っていたが、今は危うい和平状態にある。22年前に送られた謎のチケットに導かれ、集まった6人が繰り広げる、冒険の物語。
 この作品で活躍するのが、巨大な硬式飛行船イャルテル号。なんと全長1200m以上で、船齢も百年を越える。主な用途は旅客輸送。主人公が乗るのはイャルテル号だが、他にも巨大な飛行船が大空を悠々と遊弋している。なんとも楽しい世界だよなあ。
ヴァーナー・ヴィンジ「星の涯の空 上・下」創元SF文庫 中原尚哉訳
 これまた遠未来で、孤立し科学技術が遅れた惑星が舞台のSF小説。主人公のラヴナ・バークスヌトらが漂着した惑星は、中世レベルの文明を持つ、犬に似た鉄爪族が闊歩する世界だった。
 武力の正面衝突とまではいかないまでも、微妙にキナくさい雰囲気の世界が舞台。エイリアン鉄爪族の持つ特異な性質がミソで、これを克服しつつ未開の地を探索する際に、飛行船を巧く使っている。
チャールズ・ペレグリーノ「ダスト」ソニー・マガジンズ 白石朗訳
 海洋学者が書いた、長編パニックSF小説。ある日、蠢く黒い絨毯のようなモノがヒトを襲い始めた。生態系のバランスが崩れたためだ。やがてこの問題は様々な方面へと飛び火し、人類は絶滅の危機を迎える。
 コレに出てくるのは、軟式のヘリウム飛行船ブルーピース号。軟式というのが珍しい。これは実在の計画をモデルにしていて、それは巨木の樹幹部を探索するために気球を使いましょう、というもの。このあたりはリチャード・プレストンの「世界一高い木」に詳しくて、意外な所にヒトの目が及ばぬ未知の世界が広がっている事がわかる。
ケン・リュウ 『輸送年報』より「長距離貨物輸送飛行船」(<パシフィック・マンスリー>誌2009年五月号掲載) 古沢嘉通訳
 SFマガジン2015年6月号に収録の短編。現代と少しだけ違う世界が舞台。どこが違うかと言うと、貨物輸送に大型飛行船が活躍している点。雑誌<パシフィック・マンスリー>の記者は、中国からアメリカに向かう貨物飛行船に同乗し…
 短編ながら、飛行船小説の決定版。世知辛い現代で、どう飛行船を活躍させるか。どんな市場があり、それをどんな者が埋めるのか。そういった設定を巧く処理しつつ、物語の大半は飛行船の操縦席で進むのが嬉しい。ほんと、こんな風に飛行船が活躍できたら楽しいのになあ。
交通研究協会発行 牧野光雄「交通ブックス308 飛行船の歴史と技術」成山堂書店
 最後は真面目なノンフクション。飛行船の歴史から、その原理・種類・技術・構造・問題点、そして今後の飛行船の展望などを、多くの写真やイラストを駆使し、一般向けにわかりやすく解説した、飛行船の優れた教科書。
 己の身代を賭けて巨大な硬式飛行船を実現したツェッペリン伯の執念には、ひたすら感服してしまう。ただし、同時に、飛行船の弱点も否応なしに飲み込めてしまう。どう頑張っても速さでは固定翼機に勝てず、運用の手軽さではヘリコプターに負ける。荒天にも弱い上に、離着陸など地上での維持費も嵩む。レーダーや高射砲など防空技術が発達した現代じゃ軍用はお話にならないし、民間でも市場を見つけにくい。なんとか生き延びて欲しいんだけどなあ。

 と、私が知っている作品から飛行船が活躍する作品を挙げてみた。他に飛行船が印象的な作品があったら、是非教えてください。

|

« サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ「スターリン 赤い皇帝と廷臣たち 上・下」白水社 染谷徹訳 2 | トップページ | 森青花「さよなら」角川書店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/61654841

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行船が出てくる小説:

« サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ「スターリン 赤い皇帝と廷臣たち 上・下」白水社 染谷徹訳 2 | トップページ | 森青花「さよなら」角川書店 »