« SFマガジン2015年2月号 | トップページ | ポール・ジョンソン「アメリカ人の歴史 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」共同通信社 別宮貞徳訳 1 »

2014年12月31日 (水)

うん、ちくわぶにしよう

 ブログを始めた時、実は何も考えていなかった。

 「世の中にはブログというモノがあって、流行っているらしい」ぐらいしか知らない。どんな内容にするのかも考えていない。しばらく続けていけば、そのうち記事の内容も偏ってくるだろうから、自然と方向性が見えてくるんじゃないかな。

 などと甘い考えでココログにアカウントを作ろうと思ったら、いきなり壁に突き当たる。「えっと、ブログ名は、どうしよう?」

 そもそもブログのテーマ、何を書くかすら決めていない。でも何かブログ名をつけなきゃいけない。じゃ、とりあえず意味のないブログ名をつけておこう。意味がなければ、後でどんな方向に行っても、なんとかなるだろう。

 という事で、意味のないブログ名をつける事にする。それでも、一応は少し考えた。

  • カッコいい名前や頭よさげな名前は私のキャラに合わないから、やめておこう。逆に自虐的なブログ名も、自意識過剰みたいで嫌だ。あんまし書き手の感情を感じさせないブログ名がいい。
  • 覚えやすいように、短いブログ名がいい。
  • 少し間が抜けてて、ユーモラスな雰囲気のブログ名がいい。

 などと悩んだ時は、先人の知恵を借りるに限る。例えば鳥山明だ。彼は食べ物の名前を良く使う。せんべいとかアラレとかヤムチャとか天津飯とか。

 私もその手でいこう。おでんが好きだから、おでんの具からとろう。はんぺん・こんぶ・こんにゃく・だいこん…ちくわぶ。うん、「ちくわぶ」にしよう。関東以外じゃあまり知られていない上に、あまり好まれていないあたり、映画やドラマの「その他大勢」みたいで自己主張がないし、良くも悪くも強い印象を与えない。

 ケッタイな名前だから他のブログとも競合しそうにないし、chikuwablog となって語呂もいい上に、短いから覚えやすい。

 ってんで、ブログ名を「ちくわぶ」にする。始めて少ししたら飽きてほったらかしたが、また思い出して再開。続けてたら、なんか本の話ばかりになる。この際だから、書評を中心にやってく事にしよう。じゃ、ちょっと CSS とかで遊んで…。と、まあ、そんな感じで今のデザインに落ち着く。

 ひらがな四文字なので、一時期は「けいおん」や「はがない」みたくブームになるかと思ったが、さすがにそれはアテが外れた。まあ大して期待もしてなかったけど←負け惜しみです

 などとゆるゆると続けていく。滅多にコメントはつかないが、ある時、貰ったコメントに驚く。「ちくわぶさん」。

 へ? 「ちくわぶ」は私の名前じゃなくて、ブログ名… あれ? じゃ、私の名前は?

 呼ばれてやっと気がついた。ブログ名はつけたが、自分の名前(というかハンドルというか芸名というか)はつけてない。我ながら、実に間抜けで失礼な奴だ。ちゃんと名乗れよオッサン。誰だよお前。

 改めて自分のブログを見ると、確かに「ちくわぶ」が書き手の名前っぽい。じゃ、「ちくわぶ」でいっかあ。

 というわけで、「ちくわぶ」と名乗ることにする。するったって、別に何か変わるわけじゃない。このブログ以外じゃ滅多に名前を出さないし、単に自分で納得したってだけなのだが。

 などの経緯で、ブログでの芸名も「ちくわぶ」に落ち着いた。いい加減な奴だ。

 ポップ・ミュージックの新人バンドだと、よくデビュー・アルバム=バンド名みたいなグループがある。案外と似たような経緯で決まったんじゃないか、などと勘ぐってしまう。Geogia Satellites や Return to Forever あたりは、なんか怪しいと思うんだけど、あなた、どう思いますか?

 

|

« SFマガジン2015年2月号 | トップページ | ポール・ジョンソン「アメリカ人の歴史 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」共同通信社 別宮貞徳訳 1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。金田様もよいお年でありますように。

投稿: ちくわぶ | 2015年1月 2日 (金) 23時19分

新年明けましておめでとうございます

投稿: 金田拓三 | 2015年1月 2日 (金) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/60894822

この記事へのトラックバック一覧です: うん、ちくわぶにしよう:

« SFマガジン2015年2月号 | トップページ | ポール・ジョンソン「アメリカ人の歴史 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」共同通信社 別宮貞徳訳 1 »