« SFマガジン2014年9月号 | トップページ | ロラン・ジュヌフォール「オマル 導きの惑星」新☆ハヤカワSFシリーズ 平岡敦訳 »

2014年8月 1日 (金)

加藤尚武「現代倫理学入門」講談社学術文庫

 すべての人間が聖人となるなら、よい社会秩序ができるだろうが、実現の見込みはほとんどない。これは最高級の倫理である。実際には人間は聖人でないという前提で、社会の運営方法を設計しなければならない。その時すべての人間に要求される倫理水準は、低ければ低いほど、実現の見込みが高い。

【どんな本?】

 放送大学の教材「倫理学の基礎」をベースに、書籍というメディアにあわせ編集・加筆・削除したもの。

 現代の倫理学で議論となっている様々な事柄を、わかりやすい例に基づいて一般向けに解説すると共に、倫理学の様々な立場での解とその長所・短所を説明する、倫理学の入門書。著者は功利主義の立場を取っているが、共同体主義など他の立場での主張も挙げている。

【いつ出たの?分量は?読みやすい?】

 1997年2月10日第1刷発行。文庫本の縦一段組みで本文約244頁+あとがき3頁。9ポイント38字×16行×244頁=約148,352字、400字詰め原稿用紙で約371頁。短めの長編小説の分量。

 入門書とはいえ元が教科書なので、相応の覚悟は必要。二重否定などのややこしい表現が多少残っているし、解説付きではあるが専門用語も少し出てくる。ただし内容的には特に前提知識は要らないので、中学二年生程度の読解力があれば読みこなせるだろう。

【構成は?】

  • まえがき
  • 1 人を助けるために嘘をつくことは許されるか :  「嘘も方便」の正しい適用/カントは「嘘も方便」に反対する/間との倫理主義/われわれは「よりよいもの」を選ばなくてはならない
  • 2 10人の命を救うために一人の人を殺すことは許されるか :  選考の順位/奇妙なユートピア「サバイバル・ロッタリー」/生存の功利主義と人格の尊厳/単一の最高原理は存在するか
  • 3 10人のエイズ患者に対して特効薬が一人分しかない時、誰に渡すか :  六つの配分方法/最大多数の最大幸福/平等原理とリューマチの王様/ミルの平等論/最大幸福原理と平等原理/最大幸福と多数決
  • 4 エゴイズムに基づく行為はすべて道徳に反するか :  功利主義の原理は誰もが認めている/ベンサム対カント/倫理学は何を決めなければならないか/最小限の規制/豚とソクラテス
  • 5 どうすれば幸福の計算ができるか :  功利主義批判の要点/行為功利主義と規則功利主義/90%の事実上の賛同/欲望量から選考の結果へ/推移律の成立条件
  • 6 判断能力の判断は誰がするか :  決定権の範囲の決定/人格の範囲/対応能力/人格概念の要約と問題点
  • 7 <……である>から<……べきである>を導き出すことはできないか :  価値判断と事実判断/自然主義的誤謬/主意主義と自然主義/論理とレトリック/サールの批判
  • 8 正義の原理は純粋な形式で決まるのか、共同の利益で決まるのか :  精神世界のニュートン力学/カントの定言命法/定言命法の功利主義的な解釈/ヒュームの世議論/形式主義の可能性
  • 9 思いやりだけで道徳の原則ができるか :  黄金率と互酬性/黄金率への批判/マッキーによる普遍化の第一段階/普遍化の第二、第三段階/ロールズの「無知のヴェール」/ヘアの二段階の普遍化理論/ヘアの思い違い
  • 10 正直者が損をすることはどうしたら防げるか :  囚人のジレンマ/結果の予測/実験の結果/アローの定理/公平な第三者
  • 11 他人に迷惑をかけなければ何をしてもよいか :  判断力のある大人/自分のもの/他者への危害/愚行の権利/愚考権の根拠/狂信的干渉の害
  • 12 貧しい人を助けるのは豊かな人の義務であるか :  施しは義務であるか/二重の結果/完全義務と不完全義務/カントによる四つの義務/人工妊娠中絶論
  • 13 現在の人間には未来の人間に対する義務があるか :  現在の人の未来の人への犯罪/近代化の意味/世代間の関係/「恩」の再発見/ロールズの正義論/先人木を植えて、後人その下に憩う
  • 14 正義は時代によって変わるか :  ヘロドトスからマーク・トゥウェインまで/相対主義/ウィリアムズの批判/マルクス主義/変化は事実判断で起こる
  • 15 科学の発達に限界を定めることはできるか :  沈黙の春/科学批判の思想/科学は中立的か/人民の同一性
  • あとがき/索引

 教科書とはいえ、比較的に各章は独立している。まえがきで「本書の中心となっているのは、第11章」とあるので、気になった人は「第11章 他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいか」を味見してみよう。

【感想は?】

 倫理学についてズブの素人なら、この本の前に児玉聡の「功利主義入門 はじめての倫理学」を読んでおいた方がいい。倫理学とは何か、倫理学にはどんな流派があって、それぞれどんな特徴があるのか、全体を俯瞰できる。

 その「功利主義入門」で「倫理学の入門書としては今日でも最初に読むべき本」と絶賛しているのが、この本だ。著者は功利主義の立場だが、他の立場での主張も取り混ぜ、現代の倫理学の全体を見渡し、状況報告をしている。

 各章のタイトルは、人をひきつけるよう巧く工夫されている。「人を助けるために嘘をつくことは許されるか」「10人の命を救うために一人の人を殺すことは許されるか」「10人のエイズ患者に対して特効薬が一人分しかない時、誰に渡すか」。誰だって、反射的に自分なりの解は出せるだろう。

 しかし、多くの人は「…んじゃないかな」程度の確信で、何かモヤモヤしたものが心の中に残ると思う。血気盛んな中学生なら、こういった問題を友人と熱く語れるだろうが、いい歳こいたオッサンになると、さすがに気恥ずかしくて語れない。だからって忘れたわけじゃなく、ただ日々の生活の悩みの方が切羽詰ってるってだけの話だ。

 そういった事柄を、根本の原理に遡って考えているのが、この本である。

 ただし、困った事に、この本に明確な回答は出てこない。というのも、倫理学の各流派によって解が違うからだ。この本はあくまでも入門書・教科書であるので、それぞれの流派の解と問題点を並べ、「…ってな点が現代の議題となっています」的な形で〆ている。

 どうも倫理楽というと、何か高尚で現実離れした学問のように思えるが、読んでみると、意外とそうでもない。個人の行動を規定するのが倫理だと思い込んでいたが、この本には、多数決を基盤とした民主主義や、自由な売買を認める経済学なども絡んでくる。つまりは「どんな社会がより優れているか」を考える学問でもあるのだ。

 例えばこの記事の最初の引用である。エンジニアなら、こう置き換えるかもしれない。

高品質の部品を使えるなら、優れた製品を作れるだろう。でも高品質の部品を揃えるのは難しい。より品質の低い部品でも優れた性能を発揮できる方が優れた設計だし、市場でも成功しやすい。AK-47がいい例だ。作りやすく使いやすくメンテも楽なので、子供でも使える←をい

 社会を工業製品の設計、ましてや人殺しの道具に置き換えるのはどうかと思うが、あまし禁欲を押し付けられる社会は窮屈だし、どっかに無理がありそうだ。多少は緩いが治安はいい、そんな社会こそ住みやすい。なるたけ規制は緩くして、各人の自由を最大限に保障したら、巧くいくんじゃないかな。

 ってなのが「最大多数の最大幸福」で、「じゃ多数決で決めましょう」と思ったら、大変な事になっちゃったのがルワンダの虐殺。多数派のフツ族が少数派のツチ族を虐殺しはじめて(→Wikipedia)。「ここでは民主主義という前提が、軍事的対決を生み出す大きな要因となっている」。

 これを防ぐには公平な第三者の介入が必要、という結論になっている。

 しかし果たして現代の国際社会で「公平な第三者」なんているんだろうか。70年代ぐらいまではスウェーデンあたりが、この介入者の役割を果たしてきた印象がある。日本がPKOに積極的になった原因の一つも、この辺なのかな…などと考え始めると、倫理学も相当に生臭くキナ臭い学問に思えてきたり。

 「近代哲学の夢は、倫理学の内容を数字や幾何学のように展開することだった」なんて話は、グレッグ・イーガンが好きな人なら思わず引き込まれてしまう部分。いやコンピュータが行動の是非を計算できたら…なんて考えると、色々と面白い話が出来そうだし。残念ながら「その夢は消えてしまった」と続くんだけど。

 それぞれの章で取り上げる話題は、一見素朴に見えるが、実は長い歴史があって深い思索が必要だったりする。物理的には薄い本だし、その気になれば一日で読めるが、課題を考え込むとキリがない。変わった読み方としては、物語、特にSFやファンタジイ創作のネタとして使うと美味しそう。ちょいと歯ごたえはあるが、それに相応しい内容を含んだ本だった。

【関連記事】

|

« SFマガジン2014年9月号 | トップページ | ロラン・ジュヌフォール「オマル 導きの惑星」新☆ハヤカワSFシリーズ 平岡敦訳 »

書評:ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/60074952

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤尚武「現代倫理学入門」講談社学術文庫:

« SFマガジン2014年9月号 | トップページ | ロラン・ジュヌフォール「オマル 導きの惑星」新☆ハヤカワSFシリーズ 平岡敦訳 »