« エドワード・O・ウィルソン「社会生物学 合本版」新思索社 伊藤嘉昭日本語版監修 第Ⅰ部 | トップページ | 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります」新潮社 »

2013年7月16日 (火)

インターネット・ラジオ雑感

 久しぶりに iTunes のラジオ局 を更新したので、雑感を。

 今回は私が好きなプログレ系が見つからなかったのが悲しい。今回は iTunes でタブ「ラジオ」から Classic Rock を開いてザッと見ていったんだけど、ほとんど収穫なしだった。やっぱりプログレって化石化してるんだなあ。

 かわって勢いがあるのがアニメ系。サイトがある地域もチリ・オーストラリア・ベルギー・フランスと国際色豊かで、言語もスペイン語やフランス語らしく、ウムラウトがついてたりする。やっぱりアニメ=日本ってイメージが強いらしく、先頭頁で七夕の開設をしてたり、みたらし団子のレシピがのってたり、日章旗が翻ってたり。思わず微笑んだのが Tsumugi。まさか…と思ったら、やっぱりムギちゃんだった。うんうん、わかってるねえ。

 かつては海賊FM局ってのがあったらしいのだが、今はインターネット・ラジオが世界的にその役割を果たしてるっぽくて、比較的に少予算で開設できる上に、電波じゃないから地域を限定されずに放送できるんで、マーケットの密度が薄くても世界を相手にできれば、それなりに成立しうる状況になってるのかもしれない…などと考えさせられたのが、Radio Vocaloid。その名のとおり、ボーカロイド専門局。いわゆるボカロ耳の人には最高のBGMかも。

 その Radio Vocaloid をはじめ、いくつかの局が radionomy を利用してるのも、ちょっとした発見。よくわからないけど、ラジオ局を開設したい人に向けてサーバとアプリケーションを提供するサービスなのかな?そういうビジネスもあるんだなあ。

 とまれ、日本語のラジオ局が見つからないのは悲しい。やっぱり、権利関係なのかしらん。iTunes Music Store あたりと契約して、うまい妥協点を見つけて欲しいんだけど、難しいのかしらん。

|

« エドワード・O・ウィルソン「社会生物学 合本版」新思索社 伊藤嘉昭日本語版監修 第Ⅰ部 | トップページ | 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります」新潮社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/57805465

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット・ラジオ雑感:

« エドワード・O・ウィルソン「社会生物学 合本版」新思索社 伊藤嘉昭日本語版監修 第Ⅰ部 | トップページ | 小田雅久仁「本にだって雄と雌があります」新潮社 »