« スティーヴン・ベイカー「IBM奇跡の“ワトソン”プロジェクト 人工知能はクイズ王の夢を見る」早川書房 土屋政雄訳 金山博・武田浩一解説 | トップページ | 「完本 池波正太郎大成14(剣客商売4)」講談社 »

2013年3月15日 (金)

王様の耳はロバの耳

 自分じゃ気が利いた文章のつもりだけど、ブログの記事としては短すぎる。かといって下手に膨らませると切れ味が鈍る。そんなのをテキトーに集めてみた。つまりは、言ってみたかっただけです、はい。


無知の怖さは、知識がない事より、間違った知識を持っている事だ。


間違った知識の多くは、無関係なのに関係があると思い込む、そういう形を取る。
例えばガリレオの実験だ。物の重さは落ちる速さに関係がない。
ガリレオはピサの斜塔から大小二つの鉛球を落として実証した。


知らなければ、学ぼうと考える事もある。
間違った知識でも、「知っている」と思い込んでいれば、もう学ぼうとしない。


辛口のカレーが好きだからといって、チョコレート・パフェが嫌いとは限らない。
小難しいチャールズ・ストロスが好きだからといって、田中ロミオの「人類は衰退しました」が嫌いとは限らない。


リチャード・ハーマンJr「第45航空団」より、古株軍曹が新任の小生意気な少尉を揶揄して
「あいつは何をやるかは教えてくれないくせに、どうやるかは教えてくれるんです」


スポーツが得意な者はスポーツの価値を高く評価する。
知識が豊富な者は知識の価値を高く評価する。


よみびとしらず「awk は書かねえ。たったの一行」


人は食べ物の好みなど感覚的な違いは許容しやすい。
思想・信条など高尚な違いは許容しにくく、往々にして暴力などの原始的な解決に頼る。


ところで、高尚か低俗かは、どうやって測るんだろう?

|

« スティーヴン・ベイカー「IBM奇跡の“ワトソン”プロジェクト 人工知能はクイズ王の夢を見る」早川書房 土屋政雄訳 金山博・武田浩一解説 | トップページ | 「完本 池波正太郎大成14(剣客商売4)」講談社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/56961135

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の耳はロバの耳:

« スティーヴン・ベイカー「IBM奇跡の“ワトソン”プロジェクト 人工知能はクイズ王の夢を見る」早川書房 土屋政雄訳 金山博・武田浩一解説 | トップページ | 「完本 池波正太郎大成14(剣客商売4)」講談社 »