« 鳥井順「中東軍事紛争史Ⅲ 1956~1967」第三書館パレスチナ選書 | トップページ | 鳥井順「中東軍事紛争史Ⅳ 1967~1973」第三書館パレスチナ選書 »

2010年7月21日 (水)

強烈な本の次にはユルい本が欲しくなる

 どんな順番で本を読むか、というお話。

 映画「アバター」を観た人が現実に失望するなんて話があった。私はアバターを観てないけど、その気持ちは少しわかる。劇場でトランスフォーマーを観て外に出て、車道で走っている車を見た時、「ああ、ここは自動車がトランスフォームしない世界なんだなあ」などと妙な感慨を味わった。

 妄想に囚われやすい性分なんだろう。特にゲームは妄想を喚起する力が強くて、塊魂にハマった時は道を歩きながら「今ならあの植木鉢を巻き込めるな、その次は自転車」などと頭の中で塊を転がしてたりする。傍からみたら単なるアブない人だね。

 何かにハマった時というのは、同じ傾向のコンテンツが欲しくなる。ところが世の中は巧くいかないもんで、極端に特定コンテンツに入れ込んでると、似た傾向のモノを与えられても、劣化コピーにしか感じられない。ポップ・ミュージックで特定の曲に入れ込んだ時は、似た曲を探しても大抵は失望する羽目になる。などと偉そうに書いてるのは他でもない、そういう失敗を今まで何度も重ねてきたからで、いやお恥ずかしい。アニメだと脚本家の岡田麿里さんのタッチが独特で、暫くは登場人物の気持ちを考えて不眠に陥ってしまった。

 そんな訳で、いつからかイメージ喚起力の強い本を読んだ後は、ユーモア小説やノンフィクション・入門書に手が伸びるようになった。最近だと「ペルディード・ストリート・ステーション」の世界観が強烈で、頭を現実に切り替えるためにノンフィクションの「中東軍事紛争史」を読みふけった。読者に要求される視点もステーションは人物に密着しているのに対し、紛争史は俯瞰してるのが都合がいい。ノンフィクションでも強烈な本は多くて、「カルトの子」を読んだ後は、思い切り夢想的な本を求めて「神獣聖戦」に手が伸びた。これは大当たりでしたね。いつだって山田正紀さんのブッ飛んだアイデアには驚かされてきて、今回も期待に違わぬ内容でした、はい。

 内容だけでなく量と読みやすさで決める時もある。ストロスのアッチェレランドみたくクセが強い文章の長編の後には、文章巧者の宮部みゆきさんが美味しそうに見えたり、短編集の後には長編が欲しくなったり。

 とはいえ、シリーズ物は一気読みしたいよね。図書館戦争は驚愕の展開の連続で、とにかく次が待ち遠しかったなあ。今はガンパレード・マーチのシリーズが面白く、幸い榊さんも健筆なんで助かってる。少しは見習って下さい、小野主上。

|

« 鳥井順「中東軍事紛争史Ⅲ 1956~1967」第三書館パレスチナ選書 | トップページ | 鳥井順「中東軍事紛争史Ⅳ 1967~1973」第三書館パレスチナ選書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/48874269

この記事へのトラックバック一覧です: 強烈な本の次にはユルい本が欲しくなる:

« 鳥井順「中東軍事紛争史Ⅲ 1956~1967」第三書館パレスチナ選書 | トップページ | 鳥井順「中東軍事紛争史Ⅳ 1967~1973」第三書館パレスチナ選書 »