« Grateful Dead の Podcast 2 | トップページ | チャイナ・ミエヴィル「ペルディード・ストリート・ステーション」早川書房 日暮雅通訳 »

2010年7月14日 (水)

ありがとう、そしてさよなら、ジェイムズ・パトリック・ホーガン

SF作家ジェイムズ・P・ホーガン 逝去

 ハードSF作家と呼ばれる人は沢山いるけど、SFを読みなれていない人が興奮できる作品を書くって点では、ダントツの魅力を持っていた。「星を継ぐもの」に始まるガニメアン・シリーズは勿論、「造物主の掟」の出だし、機械生命が誕生するシーンは、私が読んだ全ての小説の中で、最高の導入部だと今でも思っている。思想的には「断絶への航海」で明確に示されるように、徹底した自由主義者だった。この作品で提示される社会は、「技術偏重やデジタル化を危惧する人々」に対し、「モノやエネルギーが充分に行き渡れば、ヒトがヒトであるが故に価値がある社会ができるはず」という、素敵なアンチテーゼを示していた。

 彼の物語の読後は、いつだって限りない爽快感に満ちていた。「未来の二つの顔」のエンディングの素晴らしさ、スパルタカスのけなげさ可愛さしたたかさと言ったら。あれ、ハリウッドで映画化すのに最適な作品だと思うんだけど、なんとかなりません、キャメロンさん?

 明るい未来を、科学や技術の進歩が切り開く開放的で希望に満ちた世界を、若い頃の私に垣間見せてくれた。ありがとう、ジェイムズ・パトリック・ホーガン。

|

« Grateful Dead の Podcast 2 | トップページ | チャイナ・ミエヴィル「ペルディード・ストリート・ステーション」早川書房 日暮雅通訳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/48874750

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、そしてさよなら、ジェイムズ・パトリック・ホーガン:

« Grateful Dead の Podcast 2 | トップページ | チャイナ・ミエヴィル「ペルディード・ストリート・ステーション」早川書房 日暮雅通訳 »