« 山本周五郎「おごそかな渇き」新潮文庫 続き | トップページ | RadioDead »

2008年3月26日 (水)

ID論と環境保護

 時折「毎年○○種もの生物が絶滅しています!」といった論調の文章を見かける。これがどうも自分にはピンとこなかったのだが、もしやこれでは、と思いついた。

 インテリジェント・デザイン論、略してID論というものがある。生物の進化は何らかの知的な存在が恣意的に引き起こした、とする主張だ。案外と支持者は多く、というか進化論の支持者は少なく、ニュースソースによりまちまちだが合衆国市民の4割~7割が進化論を否定している。これが単に生物学の認識の違いだけに留まるなら大きな問題ではない。しかし、実はかなり大きな政治的影響があるんじゃないかと思う。

 先の「毎年○○種もの生物が絶滅しています!」という言葉を考えてみよう。進化論者にとってはたいした問題ではない。昆虫は100万を超える種があると言われているし、近年研究が進んだ線虫も同程度の種がありそうだ。そもそも生物の種なんて分化と絶滅を繰り返すものであり、気候や地形などの環境の変化に従い常に入れ替わっていく。ひとつの種が絶滅したところで、同じ生態学的な位置を別の種が占めるだけの話に過ぎない。新しい種も発生しているだろうし、トータルな種の数はあまり変わっていないはずだ。一言でまとめれば「自然界ではよくあること」となる。

 ところがID論の立場に立つと、絶滅という言葉の持つ重みが全く違ってくる。全ての種は誰かさんが作ったのであり、誰かさん以外に種を創造できる存在はない。誰かさんが再降臨すればともかく、それまで新しい種は発生しない。だとすれば、先の言葉は種の数の一方的な減少を意味する。進化論者にとって種は自然に発生したものだが、ID論者にとっては(とても賢い)誰かさんが作ったものだ。よって種を絶滅させるということは誰かさんを侮辱する行為であり、大変に傲慢で罪深く不敬な行いなのだ。

 これがID論の向こうに突き抜けて創造論となると更にタチが悪い。世界は数千年前に誰かさんが創ったという説だ。たかだか数千年の歴史しかないとすれば氷河期もなく大陸の移動もない。地球は某箱舟以来、地形も変わらず気候も変化してない事になる。今の地球の姿を創ったのが賢い誰かさんだとすれば、その姿を変えるのは大変に傲慢で(以下略)。

 だとすれば欧米の環境保護活動家が異様に活発で攻撃的なのも肯ける。彼らは人類全体の罪をあがなっているのだから。また、地球は温暖化していてその要因は人為的二酸化炭素であるとする主張の陰には、相当数のID論者・創造論者の活躍があるように思う。なぜなら創造論に従えば、現在の気候は誰かさんが注意深く設計したものであり、仮に気候が変化したなら、その要因は人間以外にありえないのだから。

 どうも話がかみ合わないと思ったら根本的なところで認識が違っていた、なんて経験は私にも多い。「先にソレを言ってくれよ」と言いたくなる事もしばしば。お互いに自分の認識が常識だと思っていると、時として痛い目にあう。

|

« 山本周五郎「おごそかな渇き」新潮文庫 続き | トップページ | RadioDead »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/40643694

この記事へのトラックバック一覧です: ID論と環境保護:

« 山本周五郎「おごそかな渇き」新潮文庫 続き | トップページ | RadioDead »