« ホワイト餃子 | トップページ | 早起き »

2007年3月11日 (日)

ジョン・スコルジー「老人と宇宙」ハヤカワ文庫SF

 ハインラインの「宇宙の戦士」が好きで、それを宇宙の戦士を茶化されても気にしない、というか茶化して欲しい人向け。

 人類は宇宙に進出した。宇宙は敵対的で多様な異星人に満ちた戦場だった。
 妻に先立たれた75歳の老人ジョン・ペリーはコロニー防衛軍に志願し、地球を後にする。コロニー防衛軍に志願できるのは75歳以上。兵役は最低2年だが大抵は10年勤める羽目になる。地球に二度と戻れず、連絡も取れない。地上での財産は全て失う。地球に住む者にとってコロニー連合は謎に包まれているが、極めて進んだ科学技術を持っているらしい。

 帯にあるとおり、お話は「宇宙の戦士」をなぞっている。というより、パロディに近い。入隊までのくすぐりは好きな人にはたまらないだろう。で、入隊してからは「愛に時間を」だったりする。いい味出してるよアラン。

 主人公のジョンはリコと違って年を取ってる分、落ち着きがある。かといって頑固な堅物というわけでもない。ウケないジョークを連発する余裕もある、常識的で気のいい爺さん。同期で志願した仲間とすぐ打ち解けるあたりは高校生みたいで微笑ましい。

 けど、色々と不満は残る。様々な謎が提示されるんだけど、ほとんど回収されない。なんじゃこりゃと思ったら、解説を読んで判明。続きがあと3冊はあるらしい。私は謎が気になって戦闘シーンとかに今ひとつ没入できなかった。楽しみたければ謎ときは諦めて、冒険物と割り切って読んだほうが吉。とはいえミリタリー物としてもアレなんだよなー。戦闘場面もせいぜい小隊単位で、他兵種との連携とかもほとんどないし。
 何より寂しいのが、パワードスーツが出ない事。カバー見れば出ないのはわかるけど、圧倒的なパワーと機動力と火力で敵を蹂躙し反撃の暇を与えず去ってゆく、爽快感あふれるシーンを期待しちゃうじゃないですか、やっぱり。

 ということで早く全部訳してください内田さん←結局読むんかい

2007.03.12 追加

 なにかが引っかかってもやもやした物が残るなぁ、と思ってたら、coco's bloblog[本] 『老人と宇宙』 ジョン・スコルジーを読んで納得。
 そう、「優しさ」がこの作品の特徴。ジョン・ペリーと奥さんの○○のシーンは良かった。ジョンが奥さんに語りかけた言葉はありふれてるけど、それを語り続けるジョンの想いが切ないんだ。「宇宙の戦士」ってラベルに惑わされてしまった。

|

« ホワイト餃子 | トップページ | 早起き »

書評:SF:海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/14228791

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・スコルジー「老人と宇宙」ハヤカワ文庫SF:

« ホワイト餃子 | トップページ | 早起き »