« 有川浩「図書館危機」メディアワークス | トップページ | 北村薫「六の宮の姫君」東京創元社 »

2007年3月 1日 (木)

竹山聖「独身者の住まい」廣済堂

 建築家(兼京都大学助教授)が書いたエッセイ集。具合的なノウハウを羅列したハウツー本を期待したんだが、全然違った。まあ、ロクに確かめもせず読み始めた私の勘違いなんだけど。

 タイトル通り、「独身者の住まい」を通じて、人々の生活・家族関係の変化・お役所の規制の矛盾・古今の映画・ポップミュージックなどを、穏やかに親しみやすく語りかけてくる。肩の力を抜いて、ラジオを聴く感じで読むといいかも。

 例えば映画なら「いちご白書」「氷の微笑み」「イヤー・オブ・ドラゴン」「ユー・ガット・メール」「家族ゲーム」などが出てきて、それぞれ住まいを通して分析してる。そういえば「イヤー・オブ・ドラゴン」のヒロインの部屋って、確かにとんでもないレイアウトだったね。部屋の真ん中に風呂があるなんて。掃除はどうするんだろう…なんて考えちゃうのは私が貧乏性だからか。

 図書館シリーズでヒートアップした頭を冷やすのには、ちょうどよかった。

|

« 有川浩「図書館危機」メディアワークス | トップページ | 北村薫「六の宮の姫君」東京創元社 »

書評:ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/14092334

この記事へのトラックバック一覧です: 竹山聖「独身者の住まい」廣済堂:

« 有川浩「図書館危機」メディアワークス | トップページ | 北村薫「六の宮の姫君」東京創元社 »