« 竹山聖「独身者の住まい」廣済堂 | トップページ | ヘンリー・ペトロスキー「橋はなぜ落ちたのか 設計の失敗学」朝日選書 »

2007年3月 2日 (金)

北村薫「六の宮の姫君」東京創元社

 円紫さんシリーズ。芥川龍之介「六の宮の姫君」と今昔物語、そして当時の文壇をめぐる文芸ミステリ。芥川とその時代が好きな人にはたまらない作品…なんだろう。

 ごめん。肝心のテーマの部分はいまいちピンとこない。たぶん自分が文学を全然知らないからだと思う。ただ、「私」が卒論を書く過程の描写は面白かった。真面目な文学部の学生はこんな風に卒論を書くんだ。

 「私」と円紫さんさんの関係が少し変化してる。成長したって事なんだろうか。

|

« 竹山聖「独身者の住まい」廣済堂 | トップページ | ヘンリー・ペトロスキー「橋はなぜ落ちたのか 設計の失敗学」朝日選書 »

書評:フィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/14107380

この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫「六の宮の姫君」東京創元社:

« 竹山聖「独身者の住まい」廣済堂 | トップページ | ヘンリー・ペトロスキー「橋はなぜ落ちたのか 設計の失敗学」朝日選書 »