« SFマガジン2007年4月号 | トップページ | ホワイト餃子 »

2007年3月 9日 (金)

榊涼介「ガンパレード・マーチ 山口防衛戦」電撃文庫

 時系列的には九州撤退戦の後、白の章の前。ガンパレード・マーチとガンパレード・オーケストラを繋ぐ作品。単発のおまけかと思ったら、この後もシリーズが続くようだ。つまり、新シリーズ開始の序章。この巻で登場するのは5121の面々が中心で、次に榊版マーチから参加した榊オリジナルの連中。オーケストラの面々は顔見せ程度。悲しいことに遠坂と田辺の出番がない。口絵がすごいことになっているのは榊氏の意気込みの表れかな。芝村色が薄れて榊色が濃くなる予兆かも。

 これから読み始める人には同シリーズの「5121小隊の日常」から刊行順に読むことを勧める。広崎版の「高機動幻想ガンパレードマーチ」は無視していい。あれはコレクター向け。

 自然休戦期になっても、おなじみ5121小隊の面々は相変わらず軍にいる。善行は東京で予算交渉に奔走、原は研究所で例のアレ、茜は士官学校、田代は茜について看護学校。他の面々は山口で待機やら教官やらしながら、のんびりと夏を過ごしていた。そこへ突如幻獣が自然休戦を破り、山口侵攻を始めた。

 この巻は幕開けといった感じで、戦闘シーンもアクセント程度。5121も集結し終わってないし、榊氏の本領発揮はこれからだろう。今までのシリーズではただの学兵だった連中も少しは成長して、多少性格が変わってきている。その辺が不安でもあり楽しみでもあり。

 残念なのは(違う意味で)闇を背負う者たちの掌編がない点。3人が揃う場面がないせいだろうか。

|

« SFマガジン2007年4月号 | トップページ | ホワイト餃子 »

書評:ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/14203889

この記事へのトラックバック一覧です: 榊涼介「ガンパレード・マーチ 山口防衛戦」電撃文庫:

« SFマガジン2007年4月号 | トップページ | ホワイト餃子 »