« ロジェ・カイヨワ「遊びと人間」講談社学術文庫 | トップページ | クリフォード・D・シマック「都市」早川書房世界SF全集20 »

2007年3月21日 (水)

「都市」を借りた

 早川書房の世界SF全集20巻を借りてきた。収録作はクリフォード・D・シマックの「都市」とジェイムズ・ブリッシュの「地球人よ、故郷に還れ」。お目当ては都市。というのも「アイの物語」で思わずこれを連想したから。「人類が滅びた世界で、人類の後継者が語る人類の伝承」とくれば、やっぱり「都市」でしょ、てんで読み始めて今は半分ぐらいなんだけど、オールタイム・ベスト級は伊達じゃないね。詳しくは後日読み終えてから。

 図書館に行く途中、とんでもないシロモノを見た。10歳ぐらいの少女3人が、全員妙なカチューシャをしてる。一人は針金の先にボールが付いた宇宙人みたいなの、もう一人はウサギ耳、もう一人は猫耳。をい、ここは秋葉原じゃないぞ。普通の住宅地だぞ。いいのか?思わず萌え死ぬところだった。いかんよ15歳未満の少女にあんな格好させちゃ。あまりにも似合いすぎる。

|

« ロジェ・カイヨワ「遊びと人間」講談社学術文庫 | トップページ | クリフォード・D・シマック「都市」早川書房世界SF全集20 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/14342030

この記事へのトラックバック一覧です: 「都市」を借りた:

« ロジェ・カイヨワ「遊びと人間」講談社学術文庫 | トップページ | クリフォード・D・シマック「都市」早川書房世界SF全集20 »