« 小柴先生を見てきた | トップページ | P.W.シンガー「戦争請負会社」NHK出版 »

2007年2月18日 (日)

北村薫「秋の花」東京創元社

 円紫さんシリーズ第三弾。長編。テーマは女子高生。←違います

 良くも悪くもファン向けって感じがする。登場人物やその背景と関係、それに北村氏の芸風が飲み込めていないと辛いかも。相変わらず日常の描写は見事で、今回は江戸川の河川敷がいい味を出してる。ちょっと出かけてみたくなった。それと、女子高の生徒会の様子が←まだ拘ってます

 相変わらず文学部の学生らしく小説の紹介も多く、今回はフローベルに芥川、伊藤左千夫。

 師匠の出番が少ないのはちょっと寂しいかな。物語の終盤になって謎解きするだけ。こういう役割だと、出番を増やすのは難しいよね。その分、女子高生の出番が多くて華やかで嬉しい←しつこい

以下、資料。

秋海棠はここが写真もあってわかりやすいかも。ベゴニアの仲間で、小ぶりで薄紫の可憐な花。
サイト:おしゃべりな部屋(プラネタリウム,星,植物,熱帯魚,統計学)
URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/
ページ:シュウカイドウ(秋海棠)
URL: http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/shuukaidou.html

以降は青空文庫 ( http://www.aozora.gr.jp/index.html) から。

伊藤左千夫:野菊の墓
http://www.aozora.gr.jp/cards/000058/files/647_20406.html

芥川竜之介:或阿呆の一生
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card19.html

芥川竜之介:奉教人の死
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card49.html

ついでに芥川竜之介:六の宮の姫君
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card130.html

|

« 小柴先生を見てきた | トップページ | P.W.シンガー「戦争請負会社」NHK出版 »

書評:フィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201750/13960940

この記事へのトラックバック一覧です: 北村薫「秋の花」東京創元社:

« 小柴先生を見てきた | トップページ | P.W.シンガー「戦争請負会社」NHK出版 »